足立区 夜勤専従看護師

遺伝子疾患。最近は病気と遺伝子の研究が盛んですね。

医学の進歩によって、多くの病気には遺伝子が関係していることがわかってきました_φ(・_・

 

今までは、遺伝子が関与していると言われる病気は稀なもので珍しいと思われていました。

 

しかし、最近は病気と遺伝子の研究が進み、遺伝性の疾患は特殊なものではないことが分かってきたのです。

 

たとえば生活習慣病などにも遺伝子が関係していることがわかってきました(´・Д・)」

 

生活習慣病といえば、生活習慣が原因と考えられてきましたが、遺伝要因も深く関与していたのです。

 

また、ウイルスに感染した場合も、重症化して死に至る場合から、不顕性感染で終わる人がいますよね。

 

これもまた、免疫力という遺伝要因が関係しているということなんです。

 

だから、遺伝疾患は健康な人には関係ないと考えられていましたが、少なくとも60%の人は遺伝性疾患にかかることがわかってきたのです。

 

遺伝医学が進歩する前は、遺伝子疾患は発症しなければ気づくことの出来ない病気でした( ;´Д`)

 

しかし、現在は発症前診断が出来るようになりました。

 

それによって、乳癌や大腸癌、糖尿病、高血圧、心臓疾患などの易罹患性検査が可能になりました。

 

この検査によって発症するリスクが高いということが分かるようになりましたが、100%発症するわけではありません。

 

しかし、リスクが高いことを知れば予防を心がけることは出来ます(´・Д・)」

 

予防したことで、必ずしも病気を防げるわけではありませんが、病気を発症してからでは手遅れになる病気もありますから、十分に意味はありますよね。

 

また、乳癌を発症するリスクの高い場合、前持って切除し、疾患の発症を防ぐという対象をしている方もいます。

 

まだ賛否両論のある遺伝医学ですが、もっと研究が進めば、確実に助かる命は増えますよね。

 

遺伝医学の研究が進むことを願いますね…(*^o^*)