足立区 夜勤専従看護師

近はストレッチャーでの移動しか出来ない方でも海外旅行に行けるのだとか。すごい!日本は障害や病気に対する理解が進んできていますね!

事故や病気により、身体に障害をもってしまった方は、身体が不自由なために生活にも支障が出てきますよね。

 

車椅子や、寝たきりの生活をしている方は、日常生活の中でも制限されることが多くなりますから、外出するのも大変です。

 

しかし、自宅だけの生活は味気ないですよね。

 

最近は身体の不自由な方でも外出しやすい環境になってきましたね(-_^)

 

どこに行っても、車椅子用のトイレが設置されているようになりましたし、バリアフリーの施設も増えましたよね。

 

ホテルや温泉などでも、車椅子の方が利用できる配慮がされています。

 

レジャー施設も、障害者用の設備は常備されるようになりましたね。

 

ショッピングセンターも、入り口に車椅子が準備されていたり、駐車場も障害者用に確保され、細やかな配慮がされていますよね。

 

日本はあちこちで、障害者が優先されていて、理解が深いことがうかがえますね(*^_^*)

 

公共機関もそうですね。
新幹線では、車椅子の方が不自由のないよう車掌さんが乗降の介助をしてくれます。

 

最近は介護タクシーのようにヘルパー資格を持った運転手が外出の手伝いをしてくれたりと便利な世の中になりましたね。

 

最近はストレッチャーで海外旅行に行くことも可能な時代になったんですよね。

 

座位を保つことの出来ない寝たきりの方が、海外旅行なんて夢のような話ですよね。

 

障害者手帳があれば、交通機関や高速料金も割引があったりと、優遇されていますd(^_^o)

 

身体に障害があるからといって、自宅に閉じこもっている時代ではありませんね。

 

たとえ身体に障害があっても、生きていることを楽しむことができる。

 

そんな日本は素敵な国だとおもいますね(*´艸`*)